わくわくスカイダイビング

自分の気持ちに耳を傾けよう

毎日の生活に追われていると、自分自身の気持ちとか心の声に耳を傾ける機会が少なくなってしまいます。こんなことがしたいなと持っても、仕事が忙しいから無理だと打ち消してしまったり、したいことを考えても実現できないことでストレスが溜まってしまうから考えないようにしたり、自分自身の心の声と対峙する機会を自分で減らしてしまうのです。

それが習慣化されてしまうと、自分がやりたいことやワクワクすることを考えるという作業すらできなくなってしまいます。

わくわくすることというのは、実践していて楽しいこと、自分が好きなことですよね。私自身、子供の頃には読書が大好きで、特に偉人のストーリーを読むとわくわくしたものです。

しかし大人になってからは、そうした時間を取れなかったり、すでに読んだことがある偉人だと「もうだいたいのストーリーは知っているから読む必要がない」なんて思ったりして、読書をしてわくわくできる機会が少なくなってしまいました。

わくわくは潜在意識の活性化

私は瞑想を始めてから数年が経ちますが、これまでにたくさんのスピリチュアルな分野について興味を持ってリサーチしたり、読書をしてきました。心に強く思えば、それが実現化するという法則とか、ポジティブな思考を持つと自分が放つオーラもポジティブなものになって、願いや希望を引き寄せることができる「引き寄せの法則」についても学ぶことができました。

つまり、潜在意識レベルの感情は、私たちの言動とか考え方に影響を及ぼすだけではなく、将来の出来事についても無意識のうちに影響を及ぼすということなのです。

わくわくするということは、自分が楽しい時間を過ごしているということですし、自分では好きなことをしている意識はなくても、有意義な時間を過ごせているということになります。

そうしたポジティブな感情を持てる時間を大切にすることは、実は潜在意識レベルにもとても良い影響を与えていると思いませんか?悲しい気持ちになるよりも、わくわくする時間を持った方が、ポジティブな思考になりやすいものです。

具体的に、自分が何をすればわくわくするかを見つける方法ですが、これまで趣味を持って来なかった人だと見つけることは難しいでしょう。でも、その時にやりたいことがふと浮かんだら、それがもしかしたら自分にとってはわくわくできることなのかもしれません。心の声に耳を傾けてみることが、わくわくを見つけるためのポイントです。