復縁カップル

復縁のための潜在意識

別れた相手と復縁したい時には、瞑想とか引き寄せの法則で成功することは難しいと言われています。恋愛に関するスピリチュアル的な本を読んでも、瞑想のようなスピリチュアルなものは自分自身の考え方とか意識、気持ちに働きかけることはできるけれど、他人の考え方や気持ちを変えることはできないと断言されています。

復縁というのは自分1人で成立するものではないので、スピリチュアルなレベルで復縁を成功させるためには、自分の中で潜在意識レベルで相手と過ごした素晴らしい日々を強くイメージし、特定の周波を相手がキャッチしてくれるのを期待するという方法になります。分かりやすくいうと、自分が瞑想することによって、引き寄せの法則で相手を引き寄せるというメカニズムになるわけですね。

復縁のためには、どんなイメージが大切?

復縁を希望してイメージする時には、相手と過ごした幸せな日々の中からワンシーンを切り抜いて、心の中に具体的なイメージをすることが必要です。例えば、相手の表情とか香り、髪型などはもちろん、相手が着ていた服とか周りで聞こえた音なども合わせてイメージしてみてください。ちょうど映画の中のワンシーンを思い出すような感じで、できるだけボンヤリしたイメージではなく、鮮明な経験として脳に記憶させることで、潜在意識へ働きかけが行われます。

遠距離でも可能?

スピリチュアルなイメージには、距離は関係ありません。しかし、自分が瞑想して相手が引き寄せられる脳波をいくら出していても、相手がそれに気づいてくれないのでは、復縁はなかなか成功しにくいですよね。

そのため、やはり遠距離よりは特に会話をしなくても相手から自分の姿が見える距離の方が、復縁は成功しやすいですよ。遠距離の場合、ある程度瞑想して自分の潜在意識に働きかけてから、SNSなど一方的な情報配信ツールを使って、自分が前向きに輝いている姿を配信するという方法もおすすめです。

そうすれば、なんとなく自分をSNSで見つけてチェックしてくれた相手にに、 自分が振りまいている潜在意識レベルの脳波を伝えることができるので、相手を引き付けることにつながります。

遠距離の場合、大切なことは潜在意識レベルでの瞑想を続けることと、彼のことばかりを考えるのではなく、自分磨きもしっかりと行って、前向きで輝く自分を彼に見てもらう事が大切です。彼の中には別れる原因となった自分のマイナスイメージがあるので、それを払拭して復縁したいと思ってくれることが必要ですよね。

復縁がうまくいかない原因は?

復縁のように自分一人で何かを実践するのではなく、相手がある事柄に関しては、潜在意識レベルで瞑想したり引き寄せの法則を活用しても、なかなかうまくいかないことが多いものです。100%成功できないというわけではありませんが、瞑想のスキルがかなり高くなければ難しいですし、間違った方法で瞑想してしまう人も多く、それがうまくいかない理由の一つとなっていたりします。

間違った方法というのは、相手の気持ちを自分に向けようという部分に意識を集中してしまう方法ですね。潜在意識で働きかけることは自分自身のことで、復縁相手に対するネガティブな気持ちをすべて排除することによって相手が引き寄せられそうな脳波が出るので、引き寄せの法則を活用できます。うまくいかないと感じたら、相手の気持ちではなく自分の気持ちに意識を集中してみてください。

くじけそうな時の対処法は?

一度別れた相手だと、お互いにネガティブな感情を持っているものです。相手のことがすでに「良い思い出」として過去の引き出しに入っている場合でも、潜在意識の中でネガティブな感情が残っています。瞑想によってその部分を解消することが、潜在意識レベルで復縁に成功するための秘訣なのですが、なかなかうまくいかないと嘆く人は多いですよね。

くじけそうな時には、あまり相手に執着せずに自分の好きなことに励んだりして、気分転換することもまた大切な対処法になりますよ。自分磨きをするということは、相手が知らない魅力的な自分を作ることにもなり、復縁成功率をアップするコツです。

執着心を手放すには?

瞑想で復縁を希望する人の中には、相手のことに執着して、復縁を希望するというよりは怨念に取りつかれたようになってしまう人がいます。そうした執着心を一度手放すことによって、より瞑想の効果が出やすくなるかもしれませんね。

執着心を手ばなすためには、彼以外の周囲にも目を向けて、楽しいこととか趣味に時間をかけたり、多くの人とコミュニケーションを取りながら対人スキルを磨いたりするのも良いですよ。

相手への執着心を手放さなければ、どんなに瞑想しても成功することは難しいものです。まずは心の中を真っ白な無の状態にした上で、復縁を希望する相手との楽しい生活を具体的に思い出して潜在意識レベルでイメージする、というプロセスを踏むのも良いかもしれませんね。

復縁のプロセスには近道はありませんし、何度もトライできるわけでもないので、しっかりと確実に成功する方法でトライしたいものです。