自分らしくとはどういうこと?
自分らしく生きるという意味をはっきり理解している人は、おそらくすでに自分らしく生きている人ではないでしょうか。具体的にどんな人が自分らしい人生を送っているのかと言えば、思いつくのはストレスをあまり感じない人とか、好きなことをして生活できる人、他人からの評価をあまり気にしない人、などがあげられますよね。こうした人たちは、自分のことが大好きで、毎日の生活をエンジョイしながら生きているので、他人から受けるストレスがそれほど大きくないのでしょうし、他人からの評価ではなく自分自身の評価を大切にし、いつでも自分のことを大好きでいられる言動を心掛けているのでしょう。それに、大好きなことをしてお金を稼いでいる人は、お金のために仕事をさせられているという気持ちにはならず、大好きなことをしているから、もっと良いパフォーマンスをしたいという前向きな気持ちで仕事ができ、その結果、お金がどんどん入ってくるというプラスの連鎖になります。
自分らしく、と言ってもその人によって性格とか考え方、価値観などは異なるので、どういう生き方が自分らしいのかは異なるでしょう。しかし、心の中のブレーキを外してあげることができれば、潜在意識のレベルで自分が本当に好きなこととかやりたいことが見えてきますし、それに向かって前向きに取り組めれば、それがプラスの連鎖を引き起こしてくれます。

自分の周囲に感謝する

自分らしく生きるためには、自分のことを大好きになる必要があります。自分のことがあまり好きではないという人は、どうして好きではないのかを考えて、改善しましょう。しかし、自分が置かれている状況があまり好きではないというのは、もしかしたら無いものねだりなのかもしれませんし、自分が置かれている環境や状況に対して感謝する気持ちが足りないのかもしれませんよ。人は誰でも、自分では意識していない人やモノなどによって支えられて生きています。その一つ一つに感謝する気持ちを持てば、自分が置かれている状況はとても幸せなものなのだと実感できますし、それがプラスの連鎖を引き起こすことにもつながります。朝起きたら、おはようと言える家族がいたり、自分を必要としてくれる仕事があったりすることはとても恵まれた幸せですし、風雨をしのげる住まいで不安なく生活できるということも、実はとても幸せなことなのです。