すべてのことに感謝をしよう
私たちの周りには、たくさんの幸せがあります。小さな幸せもあれば大きな幸せもあるわけで、大きな幸せは気づきやすいのですが、小さな幸せは自分で意識しなければ気づくことができないものがたくさんあることはご存知ですか?幸せに気づく方法はいろいろな方法がありますが、最も簡単にできる方法は、自分の周りの全てに感謝をするというものです。人間は一人で生きることはできない生き物なので、家族や友人、ペットなどから支えられて生きています。例えば帰宅してペットが出迎えてくれると、「家に帰って来て良かったな」という穏やかな気持ちになれますよね。それは、ペットがあなたに愛をくれているからだと考えましょう。もしもペットがいなかったら、シーンとした家にポツンと帰宅し、誰も出迎えてくれることはないのです。そう考えると、そうした小さな愛に対して感謝の気持ちを持てるのではないでしょうか。

きっかけは些細なこと

自分自身では当たり前すぎて、特に感謝したり幸せだと感じないことはたくさんあります。私自身、それまでは当たり前だと思っていたことが、実はとても大きな幸せだったのだと、子供を出産してから気づくことができました。私自身、特に健康に問題もなく元気にすくすくと育ったので、健康であること幸せなことだと意識する機会がほとんどありませんでした。でも実際に子供を産むと、健康であることに対して大きな感謝ができるようになりましたし、子供のわずかな成長や表情に対しても幸せを感じられるようになりました。これは私にとってはスピリチュアルな面で大きく成長できたキッカケだったと実感していますし、そうした気持ちを与えてくれた子供には、とても感謝しています。
その他にも、普段は当たり前だと思っている健康でも、病気になって思うように動けなくなって初めて健康であることのありがたさを実感したり、健康に対して感謝の気持ちを持てるようになりますよね。多くの人にとっては当たり前のことでも、その根本的な部分に感謝できるようになれば、日々の生活の中でもたくさんの幸せを見つけることができるようになります。すると、自分がたくさんの幸せに囲まれていることを実感して、スピリチュアルな面ではいつでも幸せでポジティブ、そして前向きな生き方ができます。幸せに気づけるタイミングとかきっかけは人によっていろいろありますが、気づくことで自分自身の考え方や生き方ががらりと変わることは、素晴らしいことですよ!