脳

瞑想している時の脳内

私たちの脳内では、普段あらゆることを情報として処理していて、休む間もなく常に働き続けています。そんな人でも瞑想をすると、脳の中で何かを考えるという作業を一時的にストップするので、処理する情報がなくなり、機能が一時的に中止する状態を作り出すことができます。

どんな方法で瞑想するかによって、脳波の状態や脳内ホルモンの分泌状況などは異なりますが、スッキリと晴れ晴れとした気持ちになるためには、瞑想中に脳から快楽ホルモンが分泌されることを目標にすると良いみたいです。意識しで分泌することはできない脳内ホルモンですが、瞑想の経験を積むことによって、イライラを抑えて幸せな気持ちにしてくれるホルモンを分泌できるようになるのだとか。

どんな変化がある?

初心者の人でも、瞑想をすることによって心の中のイライラやモワモワを取り除くことができ、大きなリラックス効果を得ることができます。私自身、瞑想を始めた初日から、なんとなくリラックスできたような効果を実感することができたので、きっと誰でも正しい方法ですれば初回から効果を実感できるでしょう。

しかし、経験を積むと、ただのリラックス効果というレベルを超えた域で、とても心地よい幸せを感じられるようになるみたいですね。私自身は、まだそのレベルに達していないので、いつかはその域に達することができるように日々トレーニングをしていますけれど、瞑想することによってA10神経という神経から脳内麻薬物質とか快楽ホルモンなどが分泌されるようになると、瞑想の後にこの上ない幸せな気持ちになることができるのです。

脳内ホルモンや血流、脳波の状態は?

瞑想にはいろいろな種類があり、それぞれ瞑想中における脳波の状態や分泌されるホルモンの状態などは異なります。脳波という点から見てみると、強く意識を一つのことに集中すると40Hzの脳波となり、自分自身の呼吸や感覚に意識を集中するような瞑想法だと、リラックス効果がありますけれどその時の脳波は左前頭葉を中心とした活動となります。

この瞑想法は、終わった後に幸せな気持ちになることができるもので、リラックスしたいとか快眠したいという人が、この方法を採用しているですね。

もう一つ、瞑想法では自分自身の気持ちとか、活動を超越するようなワンランク上の方法があり、この域に達することができると、脳波はアルファ波と前頭葉後部の動きが同期するという現象がおこるのだとか。それぞれの方法によって得られる効果が変わるだけでなく、脳波や脳内ホルモンの状態も変わることは、とても興味深いですね。

瞑想すると脳が大きくなる?

瞑想するということは、脳内で意識を意図的にコントロールし、脳波やホルモンの状態も変えるという作業を行います。瞑想方法にはいろいろなものがあり、リラックス効果を得られるものもあれば、一つのことに集中することで他の邪念を取り除けるものがあり、脳が受ける刺激もその方法によって異なります。

瞑想という作業をすることによって、脳が大きくなると感じる人は多いのですが、私自身はこれまで、脳が大きくなったなとか圧迫感のような違和感を感じたことはありません。

しかし、瞑想をしていなかった時と比べると、自分の心の中に入り込むことによってそれまで使っていなかった部分を刺激していることは間違いないので、それによって違和感を覚えてしまうということは、あっても不思議ではないでしょう。

私たちの脳は、普段の生活で使われているのはごく一部のみで、大半は生まれてから死ぬまで一度も使われることなく終わると言われています。瞑想することによって、その使われていない部分を覚醒しようと努めるので、その時にはそれまではあまり発生しなかった脳波がでたりとか、脳内の情報伝達に置いて違和感を感じることはあってもおかしくないですよね。

私自身、瞑想の習慣を始めてから、脳の感じが変だとか、頭の回転が鈍くなったというマイナスの影響は一切感じたことがありません。だから、その点は安心してもらえればと思います。

圧迫感を感じた場合の対処法

瞑想の方法にはいろいろなものがあり、それぞれ得られる効果が異なります。一つのことに集中しようと頑張りすぎてしまうと、眉間の部分に圧迫感を感じやすいので気を付けたほうが良いですね。

脳が圧迫感を感じるということは、体の中で気の流れがスムーズにできていないということかもしれないので、気の流れをスムーズにできるような瞑想法にチャレンジするなど、方法を変えてみることをおすすめします。正しい方法で行うと、気持ちがスッキリしますし体の中のモヤモヤが取れる感覚を実感できるはずです。

マレに起こることなのですが、体の中のモヤモヤが瞑想中に体の外に出てくれずに内側に溜まってしまうと、内攻してしまうことで脳に圧迫感を感じることがあります。かなりトレーニングを積んだ上級者でもそういう事態は起こることがあるので、あまり深刻に考えず、頭頂部のチャクラを開くことをイメージしながら瞑想してみてくださいね。