成功

引き寄せの法則を体験するには?
引き寄せの法則は、瞑想することによって心の表面に浮き上がる気持ちに焦点を当てて、気持ちをそこに集中するという作業を行います。

具体的にそれで何がどうなるのかというと、まず潜在意識として潜んでいる不安や恐怖などを取り除くことができるとともに、ポジティブな気持ちを得ることができ、アスリートなどは最高のパフォーマンスができるエネルギーに変えることができたりします。

そうした有名人でなくても、引き寄せの法則を体験することによって、自分の夢に近づける考え方やポジティブなエネルギーを身にまとうことができます。体験するためには、やはり瞑想することをマスターする必要がありますし、瞑想する時には心の中のモヤモヤを取り除くとともに、一つのことに意識を集中させるタイプの瞑想をするのが良いですね。

引き寄せの法則を体験できる人の特徴

引き寄せの法則を体験できる人の多くは、自分が目指す未来図を具体的な形として心に強く刻んでいます。

例えば、オリンピック選手などは、自分が金メダルを取った時の姿を未来日記として書き留めていたり、冷蔵庫に「金メダルを取れました!どうもありがどう」と書いたメモを貼っておくなど、ただ漠然とした夢というだけではなく、よりはっきりと鮮明な経験として心に刻むことによって、引き寄せの法則を実現しているのです。

私たちでも、こうなりたいという姿や夢、目標をより鮮明な形として常に身の回りに携帯し、瞑想する度にその具体的なイメージを心に焼き付ければ、なりたい自分へと変身できるのではないでしょうか。

逆に体験できない人の特徴とは?

引き寄せの法則を体験できない人の特徴は、瞑想などスピリチュアルな部分にあまり興味や関心を示さなかったり、そうしたメンタルな部分ではなく、論理で夢を実現しようと一つの方向からのアプローチしかしない人ですね。

私の周囲にも、「瞑想なんてして、何の意味がある?」という人がいます。勿論、そういうメンタルな部分を信じないことに対してはなんとも思わないのですが、メンタルな部分が自分の脳や気持ちに作用することを軽視しているような気がしてなりません。

実際に世界中の著名人の多くが瞑想を日常的に行っていて、引き寄せの法則を体験しているわけですから、半信半疑でもトライしてみたほうが自分も体験できる環境を作りやすくなると思います。

瞑想を毎日続けることで、ポジティブな気持ちを維持できることも、引き寄せの法則にとってはプラスですよ。

引き寄せを体験するまでの期間

テレビでよく見かけるトップアスリートや実業家、タレントなど有名人の中には、瞑想を日常的な作業として取り入れている人がたくさんいますし、その中で引き寄せの法則を体験している人もとてもたくさんいます。

具体的に瞑想を始めてから引き寄せの法則によって夢を実現できるまでにかかる期間は人それぞれですが、大切なことは心により具体的なイメージを焼き付けることですね。例えば、サッカー日本代表として活躍した本田圭祐選手の場合だと、小学校の頃からプロのサッカー選手を目指していて、夢として「なりたい」と願うのではなく「絶対になるのだ」という強い意志をもって、具体的にどんな夢を体験するのかを作文として残しています。

オリンピックの選手なども、引き寄せの法則で夢を実現している人はたくさんいます。フィギュアスケートで金メダルを取った羽生結弦選手やプロボクサーとして金メダルを取った村田諒太選手などは、オリンピックに出場することを目標とするのではなく、金メダルを取ることを目標とし、それを実現した時の自分を鮮明にイメージすることによって、引き寄せの法則を体験した有名人の一人ですね。

引き寄せの法則を体験している主な有名人

この法則を体験している有名人は他にもたくさんいます。アスリートで言えば、イチロー選手や石川遼選手、世界的にみるとマイケルジョーダンなども、瞑想を日常的に取り入れながら引き寄せの法則を上手に利用している有名人と言えるでしょう。

引き寄せの法則では夢に対して強く思い込む自分を作ることが大切で、特に瞑想という手段を用いなくても引き寄せの法則を体験することは可能です。しかし、瞑想することによって自分の中の潜在意識部分にある恐怖や不安を取り除くことができるので、より高い効果につながりますよ。

テレビで活躍している芸能人でも、引き寄せの法則を体験している人はたくさんいます。例えばお笑い芸人の上島竜平さんやナインティナインの矢部さん、マツコ・デラックスさんなどは、自分が絶対的に面白い芸人なのだということを売れないうちから言い聞かせることで、不安要素を取り除き、引き寄せの法則を体験している有名人です。

また、伝説的な歌手として有名な松田聖子さんの場合には、松田聖子のイメージを強烈に自分の中に焼き付け、自分はそのイメージを演じる俳優として立ち回ったと言われています。面白い企画があっても松田聖子ならするかどうかということを考えて、お仕事を決めていたみたいです。