引き寄せの法則

引き寄せの法則とは?
引き寄せの法則というのは、瞑想して自分の気持ちを一つの夢や目標に集中させることによって、潜在的に持っている不安や恐怖などを取り除くことができたり、目標を実現しやすい心理状態を作り出すという法則です。

日本国内はもとより、世界中でもトップアスリートとか実業家など大成功を収めた人たちはこの法則を最大限に活用していますし、有名人ではない私たちでも、活用すれば自分の人生をよりポジティブで前向きに切り開くことができますよ。

引き寄せの法則は、瞑想することの連鎖反応を利用しても良いですし、瞑想をしなくても自分の中で具体的な夢を実現している自分のイメージを心に焼き付けることができれば、どんな方法でもOKです。ただし、漠然と「なりたい」と願うのではなく、具体的に「達成した自分」をイメージすることが必要不可欠です。

引き寄せの法則の効果

引き寄せの法則を利用すると、自分の心の雑念を取り除く効果があります。誰でも目標とか夢は持っていますが、それを実現する前に不安や恐怖心などを抱えていることが多いものです。自分の中ではそうしたマイナスの気持ちは持っていないと思っていても、潜在意識の中ではマイナスの雑念を持っていることが多いので、瞑想等の方法を活用しながら、その潜在意識の中にあるマイナスの気持ちを取り除かなければいけません。

その結果、引き寄せの効果として、自分の気持ちが一つのことに集中し、目標や夢を達成するために最大のエネルギーを発揮できるようになります。ポジティブな気持ちで、失敗してもそれをマイナスだとは受け取らずに、プラスの経験をするための糧となったと考えられるようになるのです。

引き寄せの法則のやり方

引き寄せの法則のやり方は、まず自分が夢や目標を達成している姿を心の中に強く焼き付けることから始めます。どんな風に焼き付けるのかは個人差がありますが、私は瞑想することによって心の中にシッカリとイメージを焼き付けるように努力していますね。

人によっては、作文やメモ書きなどの文章にして、それを毎日読むという作業を繰り返したり、言葉にして自分自身を暗示にかけるという方法もあります。どんな方法でも良いのですが、イメージする映像はぼんやりとしたものではなく、できるだけ具体的にイメージしたほうが引き寄せの法則を体験しやすくなります。

例えば、目標や夢を実現した時の自分の表情とか着ている服とか、イメージは鮮明な方が良いのです。

そもそもの引き寄せの法則の本質

引き寄せの法則は、どんな事にも適用できます。例えば、夢や目標を持っている人なら、その目標を実現しやすい自分自身の気持ちを作ることができますし、自分の心の中の潜在意識の中に隠れている不安材料や恐怖心などを取り除くことができるので、人間関係を潤滑にする効果にもつながります。

例えば、人間関係でストレスを感じてしまう人とか、人間関係が苦手という人はたくさんいますよね。そういう人たちは、他人と関わることに対してマイナスのイメージを持っていたり、人にどう思われるのかが不安だったり、いろいろなマイナス思考が心の中に働いているわけです。

しかし引き寄せの法則によって、そのマイナスの部分を心の中から取り除くことができれば、他人と接する時にも不安な材料がなくなるので、スムーズにありのままの自分を見せることができますし、ありのままの相手をそのまま受け入れられそうな気がします。

人間関係の引き寄せ

引き寄せの法則は、人間関係でも体験することができます。普段の人間関係に関して引き寄せの法則を使うと、他人の前でありのままの自分を見せることに抵抗がなくなり、より自然体で他人と付き合えるようになります。

良い所も悪い所も自然体で見せることができれば、相手も心を開いてくれやすくなりますし、それが円滑な人間関係につながっていくというわけです。職場の人間関係で大きなストレスを抱えている人は、瞑想して引き寄せの法則を活用すれば、そうしたストレスをスッと解消できるのではないでしょうか。

具体的にどんなイメージをすれば良いのかという点ですが、職場の人でも友人でも、沢山の他人の前でスピーチしている自分を心に焼き付けてみてはどうでしょう?自分のスピーチを多くの人が笑顔で聞いてくれている姿を強烈に焼き付けることができれば、自分自身に対するコンプレックスや不安、恐怖心などを打ち消すことができそうですね。

おすすめの本

引き寄せの法則をもっと詳しくマスターしたい人は、本を活用するのがおすすめです。私も実際に何冊が読んだことがありますが、「引き寄せの教科書」と「引き寄せの法則」は、この法則について何も知らない初心者でも、読んで理解をし、実践するためのノウハウが詰まっているので役立ちますよ。少し上級者向けの本なら、「ザ・マジック」や「思考のすごい力」などもおすすめです。納得しながら読めるので、参考になります。